新宿小学校の特色
正直・親切の石碑
 




高村光太郎書にる「正直・親切」の石碑は、開校当時、
地域の有志の方より寄贈されました。中央昇降口前に設置されています。本校の校訓として代々、その精神が受け継がれてい ます。
   校庭の特設ステージ              
 新宿小学校には校歌が、ふたつあります。 
校  歌 (昭和59年1月1日制定)
                作詞・作曲 荻久保 和明
        流れゆく雲
     そよぐ風が ほほをなでる時
     大地にあふれる緑
     春 それは 希望
             川辺に遊ぶ鳥たちは
             空へ空へとはばたく
             それは生きることの証
             夏よ いのちの輝き
     晴れわたる空
     永い眠り 今、目覚める時
     大地のみのりは たわわ
     秋 それは 充実
             むかしの人は穴に住み
             来る日も来る日も動かぬ
             それは耐えることの証
             冬よ いのちの力よ
                めぐり
                まわる
                おどる
                時の渦
                僕は 今 生きている  
              

                                                                            



白の壁画
中央昇降口を入ると東側に縦3m横8m の巨大な壁画が目に飛び込みます。そこには子ども達が生き生きと遊 ぶ姿が描かれています壁画は、毎年4年生が担当して完成させます。



サッカーコート2面、野球1面がとれる広いグランドには
大きなステージがあります。運動委員が体育朝会の時にステージ上で模範演技を見せたり、行事で活躍しています。


    
       第 2   校 歌
        作詞 田口  弘
         作曲 江端 伸明
1 若萌えの あおぐ城山
  朝空を 白鷺行けば
  校庭に 光はあふれ
         たくましい 明日の子ども
 2 セキレイは 市野川原に    
     あざみさく 朝露の道
      共に描く 白の壁画は
        生き生きと つくる喜び 
 3  巻き雲よ 秋空はるか
         歌声に 手をつなぎ合う
 正直と親切の友
       みんなの新宿小学校
生きものミニ水族館
平成26年7月に学校応援団、市野川を再生させ隊の皆様によって新宿小学校にミニ水族館ができました。学校の東を流れ、第2校歌にも歌われている市野川は、3年生と6年生の総合的な学習の時間(夢の広場)のテーマにもなっています。毎年、市野川調査を行い、そこで取れた魚を子ども達により身近に感じてもらえるようにと水族館を作っていただきました。現在、4つの大きな水槽には、今年度の調査でとれた鯉、フナ、オイカワ、ウグイ、ドジョウ等が元気に泳いでいます。小さな水槽には、クサガメ、おたまじゃくしがいます。ご来校の時は、是非ご覧
ください。





Ċ
東松山市学校教育課,
2017/04/10 15:37
Ċ
東松山市学校教育課,
2017/09/13 0:19